ディナーショー

Bel Canto、それは何よりもまず2つの世界、オペラの世界と美食の世界との出会いの場です。

これはずいぶん昔からもう見られなくなっていたとはいえ、ぴったり釣り合った情熱的結婚です。

実際、料理であれオペラであれ、厳正さと品質は申し分なく、味覚と耳との

新たな悦びを生み出しています。

 

18世紀にはミラノのスカラ座では食事がとられていたことを思い起こして下さい...!

現在では、《魔法のディナー》のために、皆様にお仕えするのは100人の歌手と20人のピアニストの一団です。

 

Bel Cantoのすべてのレストランで発揮される芸術家たちの才能は、オペラ芸術の世界では有名です。

毎晩、レストランでの歌手と聴衆との出会いがBel Cantoの不思議な魅力を創り出しています。料理と料理の間に、レパートリーの偉大な歌曲が未来のスターたちによって次々と演じられ、料理の風味がオペラの感動に混じり、最高の時となります。

オペラ芸術と料理芸術に固有な、こうしたつかの間の瞬間を再生すること、毎晩、美味と歌曲との間にあのハーモニーを再創造すること、お客様の耳と同時に舌を魅了すること、これが90年代末に先駆者たちが目指した目標です。

 

錬金術が効果を現すには、これら2つの世界を尊重し、その最良の側面を一つに溶け合わせることが重要でした。お客様のための、快楽と厳正さ、の卓越した新たなハーモニーの絶えざる探求です。

 

解決策は? Bel Cantoの芸術家たちの舞台衣装は、給仕係の衣装です。給仕を勤め、部屋にショーを導入するのは、コンセルヴァトワールの学生たちと若きプロたちです。お客様はレパートリーの偉大な歌曲に囲まれ、魅了されながら舞台でディナーをとります

 

アイデアが見つかり、オーディションが開催され、歌手募集が行われた後、2000年に、セーヌ河岸の市役所近くに

最初のBel Cantoが開設され、その後2004年にヌイイ、2008年にロンドンに開設されました。